忍者ブログ
主に合唱日記・・・だったのは気のせいです。弐代目
<< 09  2019/10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    11 >>
[1523]  [1521]  [1520]  [1519]  [1518]  [1517]  [1516]  [1515]  [1510]  [1514]  [1513

注意!:これは、私が明け方に見た夢の話です。

+++

場所は小さな劇場。
私は客席にいてお芝居を観ている。

舞台上には昼ドラの様な大正貴族の洋館の様なセット。

登場人物は4人
屋敷の主(50代)、その妻(20代)、家政婦(70代)、妻の愛人(30代)

若い妻は年老いた夫には目もくれず、昼間から愛人を屋敷へと連れ込み
夫の目の前で不倫を重ねる。

そんな光景を無表情かつ直立不動で見つめる夫。

そんな夫に家政婦が
「私が愛人を殺してさしあげましょうか?」と問いかける。

愛人が舞台からはけた後、後を追うように家政婦もはける。
次に家政婦が登場したときには、両手に持ったまな板の上に
愛人の生首が乗っていた。

+++

という内容。
だが、演じてる役者さんがね、、、

屋敷の主:速水奨
妻:水樹奈々
家政婦:市原悦子
妻の愛人:なだぎ武 否、 ディラン!!


何故、ディラン!?
何処をとうやったらディランへとたどり着く、自分の思考??
自分でも自分の思考回路がたまに分からなくなる。

ちなみに、テレビでしか見たこと無いけど、
市原悦子さんの内に秘めたる静かな狂気の演技は
夢とはいえ鳥肌ものだった。

PR
★ HP
・・・へ戻るには?

夜の調べ[玄関]
★ カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
★ プロフィール
HN:
HP:
自己紹介:
旦那、長男、次男の4人家族。
問い合わせ等:
HP内にメアド&メルフォあり。
★ 書房・弐(支店)
★ 新刊チェック
★ ブログ内検索
★ アクセス解析

Copyright (c)夜の調べ [日記] All Rights Reserved.
Photo material by 空色地図  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]