忍者ブログ
主に合唱日記・・・だったのは気のせいです。弐代目
<< 09  2019/10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    11 >>
[2049]  [2050]  [2048]  [2047]  [2046]  [2045]  [2044]  [2043]  [2042]  [2041]  [2040

6月9日(月)

トニー賞の発表があった。
個人的な感想をつらつら綴ってゆく。

+++

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」が
リバイバル&主演男優&助演女優賞受賞。

元職場の山本耕史ファンに誘われて見に行ったのが2007年だった。

 2007年2月23日の観劇日記↓↓
 http://yedelezang.blog.shinobi.jp/Date/20070223/

曲も良かったし、山本耕史の演技も良かったよなぁ~。
ブロードウェイ的にもリバイバルされるということは
ファンに愛されてる作品なんだろうなぁ。
しかもトニー賞受賞。
私も好きな作品だから嬉しい。


楽曲賞に「マディソン郡の橋」がノミネートされてたが、
クリント・イーストウッドで映画化したアレだよね?
アレがミュージカル化してたんだ。
てか祖母宅で原作本読んだことあるけど、
あれをミュージカル化できる事にビックリ。


楽曲賞ノミネート、助演男優賞受賞の「アラジン」。
ディズニー、これも舞台化したんだ。
何か最近、過去の作品大発掘してるよな~。
マレフィセントとか、美女と野獣実写化とか。
劇団四季は「リトルマーメード」に続き、
これも上演権買うのかな?


演劇部門ではリバイバル賞にノミネートされた「ガラスの動物園」。
いまだ上演されるテネシー・ウイリアムズの戯曲。凄いよなぁ~。
父に薦められて新潮文庫か何かは読んだけど、内容忘れてるorz
同じ作者でも「欲望という名の電車」の方が、
同時期に本も読んだし映画DVDを見たから印象深いってのもあるけど。


相変わらず、まとまりのない文章だが、
まとめると「ヘド、受賞おめでとう」って事で(≧▽≦)ノシ

PR
★ HP
・・・へ戻るには?

夜の調べ[玄関]
★ カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
★ プロフィール
HN:
HP:
自己紹介:
旦那、長男、次男の4人家族。
問い合わせ等:
HP内にメアド&メルフォあり。
★ 書房・弐(支店)
★ 新刊チェック
★ ブログ内検索
★ アクセス解析

Copyright (c)夜の調べ [日記] All Rights Reserved.
Photo material by 空色地図  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]