忍者ブログ
主に合唱日記・・・だったのは気のせいです。弐代目
<< 09  2019/10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    11 >>
[778]  [773]  [772]  [771]  [770]  [799]  [790]  [789]  [788]  [785]  [777

旅行記、、やっとここまでたどり着いた~orz
ってことで、ついに「オペラ座の怪人」観劇メモ。
でも、ホテルで走り書きしたメモなの、ちゃんとしたレポにはなってないので、ご注意を。



・舞台
去年と同じ土曜日のマチネ、BALCONY階(4階)1列目。ファントム気分が味わえる(と勝手に思ってる)席。
座席表参照リンク: http://www.londontheatre.co.uk/londontheatre/seatingplans/hermajestys.htm

・劇場内カメラ撮影情報
ロビーにあるキャスト表:撮影OKっぽい
開演前の劇場客席内:スタッフは何も言ってない。
休憩中の劇場客席内:かなり厳しい。

・火薬使用状況
やっぱり四季より少なめだから、恐がりの私でも大丈夫。
 


・クリスティーヌ
高音ピアニッシモがすっごい綺麗!でも声を張るとビブラート気味かな。

・ラウル
けっこうオッサン?でも、どの公演でもラウルのキャストは毎回安定した人選な気がする。

・カスロッタ
もう、すっごい好みで好印象!去年と同じ方のハズだが、今回は存分に歌ってくれたので、私は大満足。

・ピアンジ
う~ん、カルロッタがあんだけ歌ってくれてるので、相対的に声が細く感じられる。

・支配人’S
こぶしが・・・。

・パッサーリーノ
今回初めて「ドンファンの勝利」のパッサリーノ役が上手いと思った。
 


・クリスの登場シーン
過去ロンドン3回とも、支配人’Sがメグに注目する直前辺りで舞台に登場。マダムに怒られてダンサー陣に加わっていた。
それが今回、最初からダンサー陣で登場。リハーサル中断時(「ローマ」の発音指摘時)にフラフラ下手へ捌ける。あとは前回と一緒。バレエ始まって、下手奥からフラフラ再登場。あわててダンサーに加わる、とゆー演出にかわってた。

・象の中身
カード+酒をあおってた。

・シャンデリア落下時
ラウルって助けに来たんだっけ?
クリスを庇うように、舞台下手から颯爽と登場し、緞帳奥へと引っ込む。シャンデリア落下で1幕終了。
 


・ハプニング発生
昨日の「Wicked」に引き続き、今日の「The Phantom~」でも進行に支障が無い程度のハプニング発生。「Overture」中、黄金の像を覆ってる幕が一部引っかかってしまった。場所は舞台上手側の柱。2階席端にある照明エリアからスタッフが取り外そうと試みるも、舞台演出の関係上そのままで第1幕を続行。
休憩時間中スタッフが引っかかった幕を取り外すと、客席から「ブラボー」と拍手喝采だった。外国のこういうノリが結構スキ。

・そして、、、ファントムについて
まず、ロンドンのでのメイン3人の配役状況。
 ファントム:1人、understudy(代役)1人
 クリスティーヌ:2人
 ラウル:1人
劇団四季みたく、明確にダブルorトリプルキャストとはなってない。こう連続で見に行ってると、2~3年単位で入れ替えなんだろうか?更にファントム役には、ファントム専用の代役が設けられている。キャスト表見る限り、他の役で出演してる気配もない。

そしてまぁ、今回のファントムは代役の方だった。だがね、これはこれで良かったの~。
先ず、背が高い!クリスティーヌより、頭1個分くらいかな?
んで、この代役ファントム。すっごい熱演だったの~(≧▽≦)ノシ
「Music of the naight」の高音1回目。音程微妙にハズしてたけど、のばしてる最中に修正したのよ、この人!!あと、仮面はぎ取られた後の怒鳴り声、本当に怖いんですが。

そんな代役でも熱演ファントムに引き込まれ、久々に号泣してきたましたとさ。嗚呼、幸せVv

PR
★ HP
・・・へ戻るには?

夜の調べ[玄関]
★ カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
★ プロフィール
HN:
HP:
自己紹介:
旦那、長男、次男の4人家族。
問い合わせ等:
HP内にメアド&メルフォあり。
★ 書房・弐(支店)
★ 新刊チェック
★ ブログ内検索
★ アクセス解析

Copyright (c)夜の調べ [日記] All Rights Reserved.
Photo material by 空色地図  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]