忍者ブログ
主に合唱日記・・・だったのは気のせいです。弐代目
<< 09  2017/10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    11 >>
[2223]  [2222]  [2221]  [2220]  [2219]  [2218]  [2217]  [2215]  [2214]  [2213]  [2216
3月11日(金)

当時の日記を読み返してみた。
そんで、当時の事を思い出してみた。

+++

都内のオフィスビル4階にある職場、自分のデスクで地震に遭遇。
当時の私、妊娠11週の妊婦で不正出血中。

事務机の下に隠れたが、
キャスター付きの引き出しが動きそうで手で押さえたし
引き出しも開きそうだったから、
机の下に身を潜めながら引き出しのカギを閉めた。

直属の上司は自身の背後にある書棚の本を抑えていた。

私のお向かいに座ってた年下Tさんは、とっさに事務所のガラス扉を開けてた。

ある程度揺れが収まったら、屋外に避難するか躊躇した。
仕事柄、事務所には個人情報だらけ。
火災も発生していなかったので
オフィスビルの管理事務所も、テナントに対し強制避難は呼び掛けなかった。
結果、うちの事務所では誰も屋外に避難しなかった。

ちょうど地震発生当初外回りに出ていた年上Tさんが
事務所にもどってきたら
「なんでみんな外に避難してないの?」と驚いていた。
霞が関の公官庁は軒並み外に避難していたそうな。


その後、パソコン画面にヤフートップページを開きつつ通常業務に戻る。
時折F5を押して、トップページに震源地や震度が表示されるの待っていた。

運行情報で首都圏の電車はダウン。
終業時間になっても運転再開の可能性は低いし、
不正出血中の妊婦が乗車率200%、
しかも徐行運転の電車に乗りたくない。
だから、私は早々に職場籠城を決め込む。

上司が妊婦の私を気遣って近隣ホテルを調べてくれた。
電話して、空きがあれば2部屋、
1部屋しかなかったら妊婦の私が優先的に使ってくれと。
しかし、どこも予約は受け付け停止。

私は開きなおり、机を並べる事務員さんたちと
「いっそみんなでカラオケでオールしますか!」
と発言したが、年上Tさんは
「自宅が心配で、とてもそんな気にはなれない」
とつぶやいていた。


終業時間になり、私は夕飯の調達に行く。
吉野家は長蛇の列。霞が関ビル1階の飲食店に向かってみるが、
ビル管理会社からすべての飲食店が夜間営業を中止し
6時閉店を求められたようで、店内で食べることができなかった。
なのでコンビニでお湯の必要なカップめんやカップスープ等を購入。
事務所会議室でカップヌードルシーフードを食す。
職場に電気ポットがあってよかった。

上司も食料を調達しに外出。帰ってきた手には缶ビールがあった。
この買い出しの途中、上司の知り合いに会ったそうな。
そこは職場のみんなでカラオケに繰り出すところだったそうな。

特にやることもないので、時間内に終わらなかった仕事をしていた。
まぁ、コピーとってホチキス止めしてただけだが。
でも、それもすぐに終わってしまった。

自分の机のパソコンでニコニコによるNHKの放送をみつつ、
別画面で帰宅に必要な私鉄に関するつぶやきを表示。
帰宅するタイミングを計る。


徒歩でなんとか帰れる距離の上司、
友人の家を頼ってみるという人、
激込だけど駅まで歩いて電車に乗って帰った上司・同僚、

職場には年上Tさん、年下Tさん、私の事務員3人だけになった。
否、3時間かけて私の職場まで歩いてきた父が会議室にいたっけ。

寝ようにも状況が気になって眠れない。
机の上に広辞苑を置き、枕にしようにもお腹を圧迫する。
広辞苑を立てて置き、その上に顎を乗っけてPC画面を見ていた。

余震が何度もあり、共鳴振動なのかちょっと酔いそうな感じだ。
何度もあることで、ちょとした揺れでも察知するようになってた。
なぜか、鳴ってもいないのに携帯のバイブが作動したのに似てる気がした。


0時よりは前だったかな?
気分転換とお菓子の買い出し、夜の外に出てみる。
他の事務員さん曰く、一時外堀通りの歩道は歩いて帰宅する人の波だったとか。
私が出た時は、ひっそりとした夜のオフィス街。
近所のローソンは商品がほぼ空になりつつも営業していてくれた。


ツイッター情報で、帰宅に必要な私鉄ががんばって復旧し、
しかも終電時間を超えて、夜中も運転するとの情報があった。
某私鉄は、空席があるくらいガラガラで、ずっと座って帰ることができた。
しかし、通常なら急行使って1時間半で帰宅できる距離を、
このときは倍の3時間くらいかかった。


ママ友さん曰く、自宅のあるS市は(場所にもよるが)
夜中の12時くらいまで停電だったそうな。
電気が復旧し、テレビをつけて、初めて被害の大きさを知ったそうな。


幸い、私は職場に居たので、
エアコンの効いた部屋、電気・水道・ネットにつながるPCと
恵まれた場所で一夜を過ごすことができたし、
まだ夫婦2人だけだったから、
自分のことをなんとかすれば良いだけで済んだ。

しかし、今は4歳の長男と8カ月の次男。
特に次男は離乳食の途中だから、
いい加減粉ミルクと水のストックを考えないと。


そんな5年前だった。
PR
★ HP
・・・へ戻るには?

夜の調べ[玄関]
★ カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
★ プロフィール
HN:
HP:
自己紹介:
HN・漢字表記・読み方不明。
その他詳細はHPで公表済。

[旅のお供]=配偶者。
[箱入り息子]=子。一時保育器に入っていた為。

問い合わせ等:
HP内にメアド&メルフォあり。
★ 書房・弐(支店)
★ 新刊チェック
★ ブログ内検索
★ アクセス解析

Copyright (c)夜の調べ [日記] All Rights Reserved.
Photo material by 空色地図  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]