忍者ブログ
主に合唱日記・・・だったのは気のせいです。弐代目
<< 08  2019/09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    10 >>
[1804]  [1803]  [1802]  [1801]  [1800]  [1799]  [1797]  [1796]  [1795]  [1794]  [1793
8月21日(火)

1歳になった息子。
先天性の尿道の異常(尿道下裂)の為
この度、入院・手術をすることになった。

朝。6時半起床。
息子に離乳食を食べさせる。
いつもは一房79円のバナナ。
でも今回は奮発して197円のバナナを購入。
本人にはその違いは分かってないだろうが。

 ・肌着
 ・紙おむつ
 ・タオル
 ・歯ブラシ&コップ
 ・おもちゃ
 ・お気に入りのタオルケット
 ・その他必要書類 等々

8時過ぎ、夫とともに3人で自宅を出発。

+++

9時ごろ大学病院に到着。
指定された時間は9時30分だったが、
入退院受付は問題なく受けてもらえた。

書類のチェックが終わった後、
一度小児科外来に行かされる。

入院する小児病棟は感染症を防ぐため、
入院する子ども及びその親の感染・予防接種状況等を
小児科医が確認してからでないと入ることが出来ない。

小児科医のチェックが終わって再び入退院受付へ。
入院する部屋をおさえるため、しばしソファーで待たされる。

準備が整うとスタッフに呼ばれ、入退院受付から小児病棟まで案内される。

案内係の方から小児病棟スタッフに引き継がれ、
面談室で問診・計測。
事前に渡されていた日常生活等に関するアンケートを提出。

息子に用意されたベッドはナースセンターから一番遠い6人部屋の病室。
うち4人は幼稚園位の子だろうか?
・・・原則泊まりこみでの付き添いは禁止なので、
夜、息子が泣いたらゴメンナサイ。

+++

夫は午後から会議があるので途中離脱。

合間合間で明日の手術を担当される手術室の看護士、麻酔技士、
外来でお世話になってる主治医、
サブで付かれる医師の方々が挨拶・説明に来てくれた。
まだ余裕のある息子は、それぞれの方々に笑顔を振りまいていた。

息子の様子がおかしくなったのは夕飯から。
病院で出された昼食は問題なく食べていたのだが、
夕食は全く受け付けず、べーっと吐き出す。
柔飯、野菜のスープ煮、白身魚。
どれも家で食べてるのと変わりはないのだが、
1さじづつ食べただけで、後は全く受け付けない。
手術に伴う食事制限のため、手術前に食べられる食事はこれが最後。
仕方がないので、看護士さんと相談のうえ粉ミルクを飲ませる。

明日は朝イチの手術のため、付き添いの親は7時に病室集合との事。
面会終了時間になっても寝なかった息子。
私自身、おなか空いたのと、疲れたのと、
ベビーベットの檻の中で泣いている息子を振り切って帰宅。
病院前のバス停は面会終了時刻のため長蛇の列。
始発から終点までバスに揺られ、更に1駅電車に乗る元気も無かったので、
病院から自宅までタクシーで帰宅。

PR
★ HP
・・・へ戻るには?

夜の調べ[玄関]
★ カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
★ プロフィール
HN:
HP:
自己紹介:
旦那、長男、次男の4人家族。
問い合わせ等:
HP内にメアド&メルフォあり。
★ 書房・弐(支店)
★ 新刊チェック
★ ブログ内検索
★ アクセス解析

Copyright (c)夜の調べ [日記] All Rights Reserved.
Photo material by 空色地図  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]