忍者ブログ
主に合唱日記・・・だったのは気のせいです。弐代目
<< 08  2019/09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    10 >>
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8



より大きな地図で 2010London を表示


+++2日目+++

ホテル出発

ハマースミス駅(Hammersmith Station)
 ↓ 

タワーヒル駅(Tower Hill Station)
 ↓ 

ロンドン塔(Tower of London)
http://www.hrp.org.uk/toweroflondon/
大人 £17.00
日本語オーディオガイド:有料 £4.00

ガイドなくても結構楽しい!!
前回はガイドを逐一聞いて回ったので、途中で疲れ果てたし、
その時疲れて入らなかった所には、銀行の金庫並みに分厚い扉が開いており、
歴代国王の王冠や、世界最大級のダイヤモンド、
エリザベスⅡ戴冠時に着用したガウンetc.が展示されていた。
比較的高い入場料を払ってココにきのだから、
むしろこの展示室に来なくては行けないんじゃないか!?
と、初めてロンドン塔を訪れてから5年後に気づいた。
 ↓ 

タワーヒル駅(Tower Hill Station)
 ↓ 

ホルボーン駅(Holborm Station)
 ↓ 

Ruskin's Cafe
博物館に行く前に腹ごしらえ。
5年前に初めてホテル以外で食事したお店。
この後、アフターヌーンティーを予定してるので少なめに・・・と思いきや、
キッシュには生野菜がつき、スープにはパンがついてきた。
変わらずキッシュは美味しかったのだけど、お腹いっぱい。
 ↓ 

大英博物館(British Museum)
http://www.britishmuseum.org/
※[Visiting]→[日本語]で翻訳可能
入場無料。

でも寄付はいつでも、どの国の通貨でも受け付けております!!
マナーや迷惑にならない程度なら写真撮ってOKってのもすごいよね。
相変わらずロゼッタストーンとミイラの部屋は人だかりができてたよ。
 ↓ 

ホルボーン駅(Holborm Station)
 ↓ 

ナイツブリッジ駅(Knightbridge Station)
 ↓ 

ハロッズ(Harrods)
http://www.harrods.com/harrodsstore/

日本語では1階。
ロンドンでは「グランド・フロアー(ground floor)」と言う。
よって日本語の2階は「ファーストフロアー(first floor)」
つまり1階と言う。
たしかエスカレーターの床に「4」って書いてあったから、
実質5階にあるティールームでアフターヌーンティーをしてきた。

このあと舞台を観て遅くなるから、早めの夕飯がわりと思っていたが、
昼を食べ過ぎて、「三段重ねの午後の紅茶」は無理。
メニューを見たら「午後の紅茶ハーフ £12.00」があったので
そちらを注文。
2年前とかわらずスコーンが美味い。
 ↓ 

ナイツブリッジ駅(Knightbridge Station)
 ↓ 

ビクトリア駅(Victoria Station)
 ↓ 

アポロ・ヴィクトリア劇場(Apollo Victoria Theatre)
座った席付近の客が最悪。
右後ろ後方の男性が、ずっと咳してるのは致し方ないとして
(でも、正直、席を外すとかの配慮が欲しかった)
真後ろの白人女性3人がずっと、ずーっと、
一幕最後の「Defying Gravity 」でもずーっとおしゃべりしてるのが鬱陶しい!!
チケットは £15、20、25、30、40、50、60 の7ランクあり、
今回購入したのは£50の席で1階席センター後方。
やっぱり舞台に集中したいのなら£60出さなきゃ駄目だったのかなぁ?
楽しかったことにはかわりはないが、
感想を書けるほど集中してみることは出来なかったよ。。。
 ↓ 

23:00過ぎ ホテルへ帰還

PR


より大きな地図で 2010London を表示


+++1日目+++

ホテル出発

ハマースミス駅(Hammersmith Station)
 ↓ 

グリーン・パーク駅 (Green Park Station)
 ↓ 

グリーン・パーク(Green Park)
午前9時過ぎだったかな?
朝の公園をプラプラ散歩。
 ↓ 

バッキンガム宮殿 (Buckingham Palace) 
先ずはH.I.S.に行って、
バスツアーの予約をしないと後の予定が立たないので、
今回は外観を眺めるだけにして、お散歩続行。
 ↓ 

セント・ジェームス・パーク(St James Park)
 ↓ 

H.I.S. ロンドン支店
無事に第一希望の24日バスツアーの申し込み。
8・9月限定のウィンザー&コッツウォルズ終日観光!!
・・・後々考えると、ココをカードで払っておけば良かったorz
 ↓ 

ハー・マジェスティーズ劇場(Her Majesty's Theatre)
ロンドン郊外終日バスツアーの日が決まったので、
先ずはH.I.S.の通り向かいにある『オペラ座の怪人』へ。
無事、25日ソワレのチケットをゲット。
いつも滞在先としてホテル名&電話番号を聞かれるのに、
今回は聞かれなかったなぁ。
 ↓ 

ナショナルギャラリー(The National Gallery)
http://www.nationalgallery.org.uk/
※ページ上部のリンク[Visiting]→[日本語-Japanese]で翻訳可能
入場無料

到着した時点で10時30分くらい。
お昼には早かったので、
劇場のすぐ近くにあるナショナルギャラリーをささーっと回る。
 ↓ 

PRET
街中にあるチェーン店のカフェでお昼休み。
スープ2つ&サンドウィッチ1つで£11.32。
今日は気温も高いので、外のテラス席でも気持ちが良い。
座ったついでに、次の目的地へ行く為のバス停が無いか地図を確認。
 ↓ 

ヴィクトリア駅(Victoria Station)
 ↓ 

アポロ・ヴィクトリア劇場(Apollo Victoria Theatre)
ココでは『ウィキッド』22日ソワレのチケットを購入。
バスで来た道を徒歩でもどりつつ、ウェストミンスター方面へ。
 ↓ 

ウェストミンスター寺院(Westminster Abbey)
http://www.westminster-abbey.org/
大人 £15(2010年9月時点)
日本語オーディオガイト:無料

初ロンドンの〔旅のお供〕の為に。
 ↓ 

チャリティーおばさんに遭遇
ロンドンの都市情報に書いてある
「小さな花を強引に渡し、寄付と称して現金を要求するケースがある」
に遭遇。
ハロッズあたりで横行と聞いていたが、ウチラはウェストミンスターで遭遇。
寺院を出て、正面に見えるビッグベンを見ながら人ごみを歩いていたら、
前から小太りのオバチャンが突然やってきて、
〔旅のお供〕ジャケットのボタンホールに
青い紙でできた小さなブートニアを勝手に挿す。

オバチャンは青い造花を私にも渡し、ニコニコした顔で
「これは恵まれない子供達へのチャリティーです」と言う。

チャリティーの内容を聞いても「children」の一言のみ。
私の英語力の無さもあるけど、
そーゆー事じゃなくって、具体的に何をするんだよ!

奨学金の財団か?学校でも建てようとしてるのか?
今、丁度ポケットに小銭もないし、こんな街中かつ人ごみの中で
(地元民より)大金の入った財布を出したくないなぁ・・・と考えていたら、
まったく財布を出そうとしない態度にイラついたのか、
オバチャンは肩からかけてた黒いポシェットから
£1コインを5~6枚取り出して見せては「charity」と一言。

(お前なぁ・・・)と思った挙句、
つたない英語で「私は教会にしか寄付をしない」と伝えたら、
今までの愛想良さが一変。
〔旅のお供〕と私が持っていた小さな青い造花を取り上げて去って行った。

その後の情報によると、
小さく安っぽい造花でもチャリティーとして1ポンド寄付をすると、
金額が少ないと怒られ、更なる寄付を強要されることもあるそうな。

直後は何か気分悪かったが、一銭もカモられずに済んだのだから良しとしよう。
 ↓ 

ロンドン・アイ(London Eye)
http://www.londoneye.com/
大人 £17.95

〔旅のお供〕が観覧車乗ってみたいというので行って来た。
乗る前に手荷物検査&ボディーチェックがあるのだが、
 おっちゃん「Are you Japanese? Korea?」
 文「Japanese」
 お「Oh! コニチハ!!トモダチ!! トモダチ、ナイフ、モッテル?」
 文「No.」
 お「No? OK! hahaha!」
私に当たった黒人のおっちゃんのテンションがめっちゃ高かった。

下車後、駅へ行く為テムズ川沿いに更に歩く。
 ↓ 

ウォータールー駅(London Waterloo Station)
ホームが1~19番まである大きな駅。
25日ここから遠出する予定なので、
今の時間帯だと電車が何番線ホームから出ているか確認。
夕飯を予定していたお店へ行く為、ナショナル・ギャラリー方面へもどる。
 ↓ 

チャリング・クロス駅(Charing Cross Station)
 ↓ 

アデルフィー劇場(The Adelphi Theatre)
『Love Never Dise』上演中。
最寄駅が同じだったので、ちょいと覘いてみた。
小心者の為、劇場内の売店にパンフを買いには行けなかったよ。
 ↓ 

Cafe in the Crypt
読んで字のごとく、教会の地下(墓所)を改装したカフェにて夕飯。
変わった場所にあることと、お値段も結構良心的。
*ディナープレート £7.95
*スープ&パン £3.50
 ↓ 
 
キングス・クロス駅(King's Cross Station)
地下鉄一日フリーパスだし、ホテルへ帰る前にちょっと寄り道。
〔旅のお供〕にハリー・ポッターの「9と3/4番線」を見せてあげようと思ったら、
駅舎が改修中のため囲いに覆われていた。
何処かに移築されてるのかも知れないけど情報が無いため断念。
 ↓ 

20:00頃 ホテルへ帰還

成田空港 第1旅客ターミナル
26番ゲート VS901便 11:30定刻出発

現時点でのレート: 1ポンド=約145円

 ↓  約12時間

ロンドン ヒースロー空港 到着
 ↓  HISの送迎付き

ノボテル・ロンドン・ウェス(Novotel London West)
 http://www.novotellondonwest.co.uk/
 今回の宿泊先。
 ↓ 

Golden Fry Fish Ber
 夕飯用のフィッシュ&チップス買出し


+++

思い出として作ってみた↓↓ 


より大きな地図で 2010London を表示

・・・に行ってきた。

今年は21(土)・22(日)にわたって行われたのだが、
最終日は前日より1時間早い20時に終了であることを知らずに、
19時過ぎに会場入り。

でも屋台を一通り見ることが出来たし、
終了間際の値引きセールもあり、十分に堪能。
屋台も地元飲食店が協力して出店してるので、
ラーメンやら、スペアリブのトマト煮など、
夜祭り屋台とは違った品を味わうことができて楽しい。

その中には、小田急線相模大野駅ビル直結の
ホテル「センチュリー相模大野」も出店しており、
そこのテントには、夜祭りなのにコック帽のシェフが5~6人居た。

〔旅のお供〕とメインステージでのJAZZ生演奏そっちのけで屋台のはしご。
お祭り最後には花火も上がる。

これが今年の夏最後の花火かな。

Image465.jpg


今年もまたコネを利用し、SONY主催のお祭りに行ってきた。
・・・コネといっても、近隣住民や社員の家族などが主で、
入場にも特にチェックはないのだがね。

今回のスペシャルゲストは山本高広だった。

ちなみに上の写真は、去年のお祭り時に撮った写メなり。

+++

〔旅のお供〕と合流後、
またもや部署の新人君が場所取りしてくれた社員席に入れてもらった。
場所とり用の目印には「SWIP設計部」。
SW=ソフトウェア? 
前にもらった名刺には「ファームウェア」って書いてなかったけ?
と聞いたところ、「ウチの会社、部署名がコロコロ変わるから」とのこと。

知り合いの社員Aさんと遭遇しては、1年前のお祭り以来かと思えば、
5月の技研公開でお会いしましたね。
さらに社員のKさんは奥さんと娘連れ。
「今、いくつ?」と聞いたら、「3歳」と指を立てて応えてくれた。
・・・初めて会ったときはまだ赤ちゃんだったのに、
こんなに大きくなって!!!!

+++

ちょっと気になったのが事業部代表替歌合戦。
メインステージの背後に巨大スクリーンがあり、
後ろのほうでも見やすいように、ステージ上の映像が写っている。
社員席だとスピーカーに遮られ、映像は見えない。

今回、替歌合戦中に屋台へ買出しに行ってみたら、
その巨大スクリーンの映像を見ることができた。
まるでカラオケのように、
ライブ映像にエフェクトがかかっているではありませんか!!
すげぇー、放送機器関連の部署があるから、
機材も、技術者も自前かい??

あと、どこの部署かは忘れたが、
サザンの「HOTEL PACIFIC」の替歌を歌っていた。

 ♪さらば青春の舞台(ステージ)よ

を、

 ♪さらば品川****よ

と歌っていたのだが、良く聞こえず。
品テクか、品川シーサイドか、はたまた品川本社か?

何て歌ってたんだろう???

小田急江ノ島線東林間駅で開催されてい阿波踊り大会に行ってきた。
〔旅のお供〕と阿波踊りそっちのけで、夕飯がてら屋台の食べ歩き。

そのなかでも一際目を引いたのは、厚木航空基地所属のちどり連。


Image593.jpg


まず人数が多い。
だから演舞場で踊っていても、
「なんだあそこの人だかりは?」と観客も集まってくる。

さらに、行灯とともに戦闘機のミニチュアも掲げられる。
お子様大喜び。

それらに引きつけられて行ってみると、
普段から訓練されてる方々なので、踊りが激しい。

他の連を見ていると、女の人で〔男踊り〕の方もいらっしゃるが、
ちどり連の女性は女物の浴衣に網笠の〔女踊り〕スタイル。
でも振り付けは、男踊り並みに激しい。

阿波踊りの事は良く知らないが、それでも見ていて楽しかったVv

そして、2日連続で、今度は腹に響く太鼓の音だったなり。

に行ってきた。
3年連続して来てるが、年々打ち上げ場所に近くなってる。
お陰で今年は、腕を伸ばして手を開いたのと同じくらい
またはそれ以上に花火が大きく見えた。
こんなに近いのは生まれて初めて。
破裂音が腹に響くよ!

視界いっぱいに広がる冠菊なんかは感動モノ。

高さのある花火だと、少々クビが疲れるのが難点だが、
来年もこのポジションで見られると良いなぁ。


ちなみにアルファベット4文字の某社名花火。
今年は見ていた場所もあり、
「Y」と「N」くらいしか分からなかった。

しかも「N」は、ほぼ「Z」だったナリ。

Image591.jpg

須藤先生のご好意により、事務所メンバーで最高裁見学。

最高裁判所正門に到着したら、
案内をしてくださる秘書官の方が待っていて下さった。

正門、正門前広場を通り、正面玄関から最高裁の建物内へ。
入った正面が【大ホール】なり。

図書館も見学する関係上、貴重品等を除き、
手荷物は秘書係の方に預けて見学開始。


朝から妙にハイテンションの小生
日記も長いよ。
覚悟は良いかい?


20100806.jpg

知人が出品している作品展が鎌倉で開催中だったので行ってきた。
バリ島のろう染め教室を主宰している知人。
今回は教室の作品展ではなく、神奈川の美術展だったので
会場に行っても知人には会えずorz

+++

途中、喫茶店で雨をやり過ごしながら
鎌倉駅西口から御成通りの小川軒で買い物。

そのまま国道311号沿いに長谷寺まで歩く。





長谷寺の紫陽花はピークを過ぎたそうだが、
それでもまだまだ綺麗だったナリ。

インドアな夫婦。2人で海に行ったこと無いよねと、
目と鼻の先にある海岸まで行ってみる。

今日は地元ラーメン屋の新作ラーメンを食べる予定。
しかしまだ時間は早いし、お腹も空かせておきたい。

なので江ノ電フリーパスを持っているのに
無駄に長谷から134号線沿いに七里ガ浜まで歩いてみた。

目的地も、時間も特に決めずに
ぶらり鎌倉さんぽ。

こんな日もいいねぇ。

その後、また浜松町方面へと戻り、東京モノレールへ。
生まれてはじめて先頭に座った。
結構スピードあるし、アップダウンがあって面白かった。
あと、今年10月開業予定の国際線ターミナルも出来上がっていた。

特に目的も無く、第2ターミナルに到着。
第2に来るのは初めてなのだが、
そもそも羽田空港に来たこと自体、何年ぶりなんだろう?

とりあえず展望デッキで飛行機が飛び立って行くのをボーっと眺める。


DSC00045_.jpg


帰りは京急で神奈川自宅に帰宅。

部屋から見える、東京都立産業貿易センター。
午前9時なのに、そこだけ人だかり。
ほとんどが若い女性。キャリー率高し。
後日調べたら、
 「三都物語・炎の聖戦・ティルズ菜園」
という同人関係のイベントだった。

ホテルをチェックアウトし、フナムシを数えながら浜離宮に到着。
一度行ってみたかったという小生の希望。

いわゆる「紫陽花寺」みたいに群生してるわけではないが、
広い庭園のいたる所に紫陽花が。
中でも見たことのない形のアジサイを発見!

DSC00040_.jpg


後日調べてみたが、〔スミダノハナビ〕と呼ばれるものだろうか?

中島の御茶屋で一服。
冷抹茶と練り切り(500円)。
 

DSC00044_.jpg

風呂もすまして、待ったり夜景を眺める。

先ほど前田さんに教えてもらった情報。
汐留にある電通本社ビル
フロアのあかりを利用し、ビル側面に
 「いざ 決勝T」

dentu.jpg


と応援メッセージが書いてある。


んで、待ちに待った午前0時。


tokyo.jpg


東京タワーのライトアップが消える。

夜は、うちらの披露宴会場でもあった21階のレストランにて食事。
お式当日はいっぱいいっぱいで、スタッフの方の名前を覚えてない。

特に会場キャプテンの男性!
うちらは司会者を頼まなかったので
時間配分や、
テーブルサービスでの誘導、
途中〔旅のお供〕がむせてしまった時には、
すぐさまお水とお絞りを下さったりetc.
本当にお世話になりましたm(_)m
・・・が、お名前を失念。

だが、食事の途中ご挨拶に来てくださり、
「前田さん」ということが判明!
お仕事中にもかかわらず写真をリクエストしてしまいごめんなさい。
でも、お礼も言えたし、何よりもう一度お会いできて嬉しかったです。

前田さん曰く、私たちを担当してくださった
プランナーの小山さんは打合せで外せないとの事。
今日・明日とブライダルイベントという事は知っていたので、
前もってお礼の手紙を書いておいた。
前田さん経由で「お手紙と写真ありがとうございます」とのお返事。


食事が終わって部屋に戻ってみると、出る前には無かった
花束とカードが置いてあった。

DSC00047_.jpg


差出人は、小山さん!!
(写真は、翌日自宅に帰ってから撮影したもの)

きゃー、わざわざ有難うございます(≧▽≦)ノシ

地元、小田急江ノ島線の駅構内にあるポスターのキャッチコピー。


1月に結婚式を行ったホテル・アジュール竹芝。
そのとき頂いた宿泊券の使用期限が迫っていたので、
〔旅のお供〕と泊まりに行ってきた。

東京湾側のお部屋の方が人気あるらしく、
電話予約の際も、まず海側を提案されたそうな。
でも、今回うちらの希望は反対のシティービュー側。
理由は、東京タワーが消えるのを部屋から見るため。

今回泊まったのは19階のツイン。
東京タワーも正面に見える。

そして、宿泊カードには2人分の名前しか書いてないが、
実はひょっこり、第三の宿泊者

DSC00008_.jpg


フモフモさん(M)!!

〔旅のお供〕が色々人格を形成。
今回はフモフモさん(L)の魂が、(M)に乗り移って
鞄の中に進入しプリズンブレイク・・・とかなんとかorz
 

>>>続く

今年も行ってきました「ホタル狩り」。

・・・さすがに日中、義父母らと出かけていて疲れてたんだけど
〔旅のお供〕曰く、今日あたり絶好のホタル日和との事。

ダルダルしながらも神奈川県秦野市にある浄徳寺菖蒲園に
今年も行ってきました。

鑑賞料が去年まで300円だったのが、今年は400円になっていた!!
・・・まぁ、ホタルの保護活動に使って下さい。

今年で3回目の浄徳寺菖蒲園でのホタル。
飛んでる数は例年より少なかったが、光は一番強かった気がする。
今年は寒い日が続いていたので、ホタルの成育も遅れているそうだが、
なにか発光との関連があるのだろうか?

去年、一昨年と曇り空だったが、今年は雲ひとつ無い星空。
夜空を見上げると、星なのかホタルなのか分からなくなる。

そんな光景を見ることができると、
来て良かったと本当に思う。

 


・・・でも、駅から徒歩20分くらいかかるので
流石に今日はクタクタなり。

義父母からのお誘いで、〔旅のお供〕の父方祖母を連れて
神奈川県の都筑中央公園に行ってきた。

公園の木陰にシートを広げ、
義父と〔旅のお供〕は、お婆ちゃんの好きなお寿司の買出し。
留守番のお婆ちゃん、義母、私は、
持ってきた結婚式の写真を見ながらおしゃべり。

昔亡くなった祖父(旦那の父方祖父)のことや
小さい頃の〔旅のお供〕の事を聞いていた。

お寿司のほか、ウチラが買ってきた
ゼリーやわらび餅もおいしそうに食べる祖母。
結婚し、これでお会いしたのは4回目。
普段はケアホームにおり、移動も車椅子だが、
今までお会いしたなかでは一番顔色が良かった気がする。

ただ・・・5月に今のホームに移ったので心細いらしく、
ケアホームに帰る車の中で、しきりに
「嫌だなぁ、寂しいなぁ」とこぼしていた。

でも
「みんな来てくれたんだからお礼言わなきゃいけないんだけど、
 お婆ちゃん寂しいよ」
と祖母。
年齢もあり物忘れもあるだろうが、
それでもしっかりしているなぁ、と思う。

また帰り際に握手をしたとき、細い手足なのに
思いのほかしっかり手を握る強さにビックリ。

自分の孫だから〔旅のお供〕の名前は覚えていても、
私の名前は・・・???
お婆ちゃん自身も「すぐ忘れちゃうからねぇ」とのこと。
忘れても大丈夫。そのときまた教えてあげますよ(^ー^)

あと、私の身長の関係か「お姉ちゃんみたいだ」とか。

あぁ、本当に可愛いお婆ちゃんだよなぁVv


++余談++

2@歳にして、生まれて初めて
自力で四葉のクローバー発見!!

Image567.jpg
 

〔旅のお供〕に連れられて、今年も行って来ました
NHK放送技術研究所の「技研公開」。

Image377.jpg

※イメージ(去年の技研公開時に撮影したもの)

今年はスタンプラリーがあるそうだが・・・用紙が見当たらない。
キョロキョロしてると、
ちびっ子がスタンプラリー用紙を持ってるではありませんか!

その先を見ると、黄色いTシャツを着たスタッフさんが用紙を持っていた。
今年のイベントは子供だけ!?
でも一人で来てるっぽい成人男性も持ってる人いるし。。。
迷った挙句、やっぱり貰ってきたVv



スーパーハイビジョン・フル解像度カメラ
インテグラル立体テレビ
デジタル混信対策用干渉除去装置
次世代地上放送に向けた伝送技術
22.2マルチチャンネル 
etc.
 
〔旅のお供〕は
ファイバー基盤を用いた超高感度HARP撮影デバイス
に食いついていた。
 
CTATECとは比べ物にならないくらい会場は狭いのだが、
あっという間に2時間経過。



その後、二子玉川まで出て、
高島屋内のクリスピークリームドーナツで休憩。

「ピュアバナナ」うまうま。

「ONE PIECE」が大好きな〔旅のお供〕。
彼と結婚したお陰で、毎週ジャンプを読む機会を得た。

彼のもとで「ONE PIECE」を読み始めたのはボア・ハンコック登場あたり。
それ以前の内容が不明。アニメも見てない。


本日〔旅のお供〕が職場同僚との麻雀大会へと出かけていって不在のため
初の漫画喫茶へと行ってきた。

ヤフーの無料立ち読みで1・2巻は読んだので
漫喫では3巻(バギー戦の途中)からスタート。
8巻(バラティエでのサンジvsギン戦の途中)まで読み終え本棚へ行くも
・・・9・10巻が無いorz

仕方が無いので11巻(ローグタウンでスモーカーからの逃亡)以降を読み進め
16巻(ドラム王国途中)でタイムアップ。

今回は様子見で3時間コースにしておいたが、
5時間コースでも余裕だったかも。


続きが気になるが、
次に麻雀大会が開かれるまでお預けかなぁ?
 

あす5月6日で結婚1周年。
だが明日はお互いに仕事なので、結婚記念日イヴ(?)である今日
お祝用のケーキを買いに「横浜水道道緑道」を歩く。

今日の目的地は南町田にあるSC「グランベリーモール」。
そこのカフェ・コムサでケーキを仕入れる。

2年前のGWもこうやって結婚前の〔旅のお供〕とこの緑道を歩き
グランベリーモールまで歩いたなぁ~。
2年前はSCまで結構距離があったと思ったが、
2回目の今日はあっという間に到着した気がする。

そうそう、緑道の途中にある公園遊具の方のロープウェイ(ターザンみたいなやつ)。
2年前は子供が遊んでいたためできなかったが、
今年は誰もいなかったので遊んできたVv

小生が生まれ育った埼玉の某公園にロープウェイがあり、
当時子供たちに一番人気の遊具だった。
その後老朽化や、遊具に対する世間の流れもあり、
その公園からロープウェイが撤去された。
・・・そもそも、小生が遊んでいた当時から残っている遊具は鉄棒のみで
あとはすべて入れ替わってしまったんだけどね。

ロープウェイも事故や、保護者からの指摘があったのだろうか。
この緑道に残っていたことは意外だったし、なんか嬉しかった。


*余談*
子供サイズの為、アラサーがやると
足を相当高く持ち上げてないと、すぐ地面をこするよorz
★ HP
・・・へ戻るには?

夜の調べ[玄関]
★ カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
★ プロフィール
HN:
HP:
自己紹介:
旦那、長男、次男の4人家族。
問い合わせ等:
HP内にメアド&メルフォあり。
★ 書房・弐(支店)
★ 新刊チェック
★ ブログ内検索
★ アクセス解析

Copyright (c)夜の調べ [日記] All Rights Reserved.
Photo material by 空色地図  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]